Core Infinity Coach Yoshiよりお知らせ | [G]コーチングのことを知りたい方へ | コーチングを活かしたい人へ | あなたへの質問 | 【セミナー】セミナー・研修のご案内(主催分) | 【紹介】コーチング研修など | コーチとして考えたいこと | コーチングの本 | [G]雑感 | 日々のできごと | Tweetまとめ | 
お知らせ
コメントとトラックバックは承認制です。そのため即座に反映されません。ご了承ください。
ブログ内検索
メール通信申込み
あなたに伝えたいこと
Twitter
プロフィール

Core Infinity Coach 若狭

コーチへ ~あなたの Gift を生かしていますか?~へようこそ!

 『生きる『原点』を一緒に創るコーチ』の若狭 喜弘(Yoshi:わかさま)です。

 個人セッション(あなたのGiftの生かし方を一緒に探します)、対話の場作り人として活動しています。カフェ・サードプレイス(草津)を2010年9月より定期開催しています。

 コーチングの京都チャプター(副代表:活用と普及) 、1000年未来文化教育研究会(研究)でも活動中です。


 本来コーチングは、「その人や企業らしい目標達成、あり方の実現のため」に活用されています。
 個人的な体験ですが、コーチングを学ぶ中で、若狭は人間関係の見方が変わり、とても生きやすくなりました。

 あなたは、自分の人生の目標と普段の行動は一致していますか?
 あなたの職場では働く目的を皆で共有できているでしょうか?

 本を読んだだけでわかったつもりになりますが、実際には何もわかりません。何も変わりません。
 行動を起こすときのサポートのためにコーチがいます。コーチはあなたのブレインとなります。あなたのブレインを雇いませんか?
 
 なお、公式ホームページ、余談Blogはこちらです。
●Twitter

CI_Yoshiをフォローしましょう

●Facebook

公式総合サイト

仕事のプロのためのコーチング技術

The Open-minded Life

Core Infinity Views

事務局運営ノウハウ for coach, consultant and counselor


●若狭の個人的関心事は、
 
●地元滋賀お話は、
 
●天満家好知の落語のお話は、
 
 お待ちしています。

 『研修』などの タイトルのラベルの意味については、カテゴリー『【紹介】コーチング研修など』 で紹介する内容についてを参照してください。

※コーチングのセミナーを探している方が探しやすいように、カレンダー型で探していただける
を立ち上げました。ぜひ有効にご活用ください。どうぞ、そちらもご利用ください。
運営への応援・カンパ、事務局運営の相談もお待ちしています。

お問合せ、ご依頼、メッセージなど
UNHCR
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
アクセス解析
FC2カウンター
コーチへ ~あなたの Gift を生かしていますか?~
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
今日のことば

カテゴリー
わかさまの本棚
RSSフィード
「頼んで良かった」と感謝される
事務局運営ノウハウをお教えします
コーチが参加したいセミナーとは?
 若狭が主催していました相転移コーチ塾のアンケート結果のレポート
 『コーチ50人に聞きました 「あなたがセミナー、勉強会に参加を 決めるポイントは何ですか?」』
 Fifty Coaches Research_ jacket

 が完成しました。
 ご協力ありがとうございました。
リンク
セッションルームのお役立ちアイテム
セッションルームに空気清浄機はいかがですか?
Marukatu_living2
さて、どれが空気清浄機でしょうか?
アフィリエイトG

Google

アフィリエイトR
アフィリエイトA

「コーチなど対人援助職のための震災情報整理」

「東北地方太平洋沖地震」による大地震、大津波に関して
コーチなどとしての支援を整理する目的で、
「コーチなど対人援助職のための震災情報整理」」 というFacebookページを作成しました。

オープンマインド・コーチング
~Coaching and Dialogue コーチングと対話~

『オープンマインド・コーチング』
豊かに、穏やかな心で、相手と向き合うことです。

それは、
「コーチング」や「対話」で大切な
信頼関係を築くことです。

オープンマインドであると、 豊かな人生を送ることが出来ます。

コーチングの基本「聴く」「待つ」「話す」の
一番根源的な「待つ」、そのあり方です。

コーチングの使い方、豊かな人生の生き方について、
また、すべてのサービスや期間限定企画、プレゼントなどは
http://core-infinity.sakura.ne.jp/をご覧ください。
2010.02.12 Fri
 コーチングの本と言っていいのかどうか?
 でも、コミュニケーション・パターンの違う人とコミュニケートする方法を学ぶコミュニケーションの本です。

   

   異文化間コミュニケーション入門─日米間の相互理解のために (単行本)
   西田 司 (著), ウイリアム・B. グディカンスト (著)
   単行本: 149ページ
   出版社: 丸善 (2002/08)

 本書は、日本人とアメリカ人が良好なコミュニケーションをとるための文化比較の書です。
 この本を、コーチとして読んでみました。
 アメリカで整理され発達したコーチングを理解することができます。
 コミュニケーションを考える上での視点が様々に提示されています。
 「個人主義」「コンテクスト」「不安の回避行動」「対人権力格差」「男性価値」「内集団と外集団」など、日本人同士でも捉え方の違いでコミュニケーションがうまくいったり、いかなかったりすることの理由が見えてきます。
 コーチングでは、クライアントの方のメンタリティー(感受性の傾向)を理解する必要があります。
 (理解しなくても、そのまま受け入れられれば良いのですけれど。)
 それらを知る良いきっかけになります。

 コミュニケーションで困るのは、・・・・・・
 当然なのですが、文化によって傾向が違うのはもちろんですが、個人の違いもまたあります。
 身近な人がみな一緒であれば、頭を悩ますことはないのですけれど。

 Yoshi@若狭が特に関心を持ったのは、3つです。
 「コンテクスト」「不安の回避行動」「内集団と外集団」
 それぞれ、

   コンテクスト:言葉中心でコミュニケーションするか、言外の雰囲気でコミュニケーションするか?

   不安の回避行動:相手の情報をまったく知らない状態で出会ったとき、何の情報を出し、何の情報を得ようとするか?

   内集団と外集団:日常交流している集団の数は?その集団の外側の人とのコミュニケーションはどのように振舞うか?

 を示します。
 日常のコミュニケーションはもちろんですが、コーチングの会話でもこれらのことは関係していませんか?

 むしろ、人と人とのコミュニケーションを異文化コミュニケーションと考えた方がスムーズに行くような気がしました。


 残念なお知らせです。本書は絶版状態です。入手はほぼ不可能です。
 申し訳ありませんが、図書館をご利用になるか、類似の書籍をご覧ください。
 異文化コミュニケーションの本は、多数出版されています。
 ほかの本については、今後紹介していきます。

コーチングの本    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://hito10ikimono.blog117.fc2.com/tb.php/399-b12d4420

Top↑